スマホ首とその対処法

首こりに湿布を貼る女性ここ数年でスマートフォンの普及が急速に進み、幅広い年代で使用されるようになりました。

その手軽さと便利さから得られる恩恵は計り知れないものがありますが、その反面「スマホ首」という言葉ができるほどスマートフォンが首に与える影響は深刻な問題となっています。

 

 

首にかかる負担の大きさ

一体どれ程の人が姿勢よくスマートフォンを使用しているでしょうか。

今やどこにいてもスマートフォンを操作している人を見かけますが、ほとんどの人が頭が前に倒れた状態になっていますよね?

おそらくあなたも思い当たるところがあるはずです。

 

いくら姿勢に注意していても、いつの間にか頭が前に倒れてしまう。

スマホ首とは正にこの姿勢によるもので、頭が前傾するほど首への負担は増えていきます。

 

成人の頭は約5㎏と言われていますが、頭が前傾するにつれてその何倍もの負荷が首にかかることが研究で明らかにされています。

ニューヨークの脊椎専門クリニックの医師Dr.KennethHansrajの報告によれば

 

 0°→15°→30°→45°→60°と首の前傾角が増加するにつれて

5㎏→12㎏→18㎏→22㎏→27㎏と首への負荷が増加(下図)するそうです。

私たちの首は想像以上に大きなストレスに日々晒されているんですね。

 

 

スマホ首の症状

首の前傾姿勢を強いることによって下記のような症状が起こると言われています。

 

首肩のコリ・痛み

頭痛

めまい

吐き気

頚椎症

頸椎椎間板症

自律神経失調症

うつ症状

 

異常を感じたら早めに対処するのは勿論、いま症状がない人も十分注意が必要です。

 

 

対策

①姿勢の改善

首が前に倒れるほど負荷が増えるので、姿勢を改善するのは特に重要です。

スマートフォンを使用する際はなるべく顔の高さに近づけて操作する工夫が必要になります。

写真のように反対側の手を握って脇に挟むことでスマートフォンが顔の高さに近くなり、首への負担を軽減することができます。

因みに寝転がって使用する場合は首は前傾しませんが、首への負担が大きいことに変わりはないのでNGです。

 

②連続使用を避ける

画面に集中していると時間の経過を忘れてしまい、首の疲労はどんどん蓄積されます。タイマーをセットするなどして一定時間(20~30分)で休憩をはさむようにしましょう。

 

③ストレッチ

こまめにストレッチや体操をして首や肩の筋肉の状態をリセットするように心掛けましょう。

 

④入浴

38℃程のお湯に10~20分、顎までつかりましょう。

熱めのお風呂(40℃~42℃くらい)に10分程度つかるのも効果的です。

※脱水症状や血圧の変動などに十分注意してください。

 

 

まとめ

そもそもスマートフォンを使わなければ首への負担は軽減するはずですが、大半の人はそうはいかないでしょう。上記のような対策で首への負担を減らしながら使用するというのが現実的と言えます。

毎日負担をかけ続けるところなので、自分でできる限りの対策をしていても症状が出てくることはあります。

首から来る症状はこじらせると非常に厄介なので、自分では対処しきれないと感じたら我慢せずに少しでも早く治療を受けるようにしてくださいね。

自律神経失調症と鍼灸治療

自律神経とは?

自律神経という言葉はほとんどの人が知っていても、具体的にどういったものかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

自律神経とは、心臓や胃、腸といった内臓器官、血管、汗腺などの機能を調整している生命の維持に欠かせない重要な神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、交感神経は活動時に、副交感神経は休息時に優位に働きます。

 

一方で、歩く、走る、物を握るといった身体を動かす命令を伝えるのが運動神経です。

運動神経を介する身体の動きは自分の意思でコントロールできるため、歩幅を大きくしたり、走るスピードを上げたり、物を強く握ったりという調整ができますが、自律神経の場合はそれができません。

「ちょっと心臓を止めてみよう」とか「手足が冷えるから指先の血管をもっと拡げよう」なんてことはできませんよね?

自分の意思で制御できないのは不都合なように感じるかもしれませんが、この神経が無意識下で様々な機能をコントロールしてくれているからこそ、私たちは円滑な生活が送れているとも言えます。

 

 

自律神経の乱れで起こる症状

全身の機能を調整している自律神経がうまく働かなくなると様々な症状が現れます。

 

頭痛、めまい、動悸、息切れ、吐き気、発汗、冷え、ほてり、不眠、倦怠感、食欲不振、胃痛、腹痛、便秘、下痢、シビレ、腰痛、肩こり、、、

 

自律神経失調症では多彩な症状が現れますが、検査の数値から自律神経の異常を判断できるわけではありません。

また、決まった症状が現れるわけではなく、人によってその症状は異なります。

 

 

自律神経失調症に対する鍼灸治療

自律神経失調症の多くは相対的な交感神経機能の亢進による心身の不調であると考えられます。

こうした背景から、高ぶった交感神経を鎮めて心身をリラックスさせる鍼灸治療は自律神経失調症と相性のよい治療だと言えます。

 

但し、鍼灸で全てが解決するとは限らず、病院での治療を併用する方がうまくいくというケースもあります。

まずは然るべき医療機関で適切な治療を受け、経過が思わしくないようなら鍼灸治療を検討するというスタンスが良いでしょう。

 

 

当院での自律神経の治療

当院での自律神経の治療は出ている症状によって異なりますが

基本としては首+各種症状へのアプローチとなります。

 

首と自律神経には密接な関係があると考えられており、首の状態を整えることは自律神経系の治療において非常に重要になります。

 

また、自律神経失調症と診断されたからといって症状全てが自律神経の変調によるとは言えず、例えば胃の痛みや不快感などが背中やお腹の筋肉にできたトリガーポイントに由来することがあります。

その場合、背中やお腹のトリガーポイントを刺激して筋肉の状態を良くすることで胃の症状も緩和されます。

 

このように、当院では首及び各症状に関与するトリガーポイントへのアプローチで自律神経系の症状に対応しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟お得な情報配信中!

 

友だち追加

 

 

堺市で自律神経失調症ならこちら☟

結果にこだわる本格的鍼治療

変形性膝関節症とサプリメント

変形性膝関節症は膝の痛みの原因として最も多く、推定患者数2530万人、自覚症状ありは約800万人といわれています。男女比は1:4と女性に多い疾患です。

 

変形性膝関節症で軟骨がすり減っていることはよく知られており、サプリメントで軟骨成分を補うことが痛みの緩和につながるという考え方は理にかなっているように思うかもしれません。

 

しかし、実際のところはそう簡単な話ではありません。

 

変形性膝関節症とサプリメントに関しての解説動画を撮りましたので、既にサプリメントを飲んでいる人も、これから飲もうと考えている人も、参考までにご視聴ください。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟お得な情報も配信しています

 

友だち追加

 

 

堺市でしつこい関節痛にお困りなら☟

結果にこだわる本格的鍼治療

 

頭痛・肩こりの原因は歪み?

頭痛・肩こりは肩を触らない方が良い?

先日、頭痛・肩こりの整体で改善が見られなかった女性が鍼治療を受けに来られました。

 

この方はそれまでに通っていた2軒の整体院の先生方から

 

「肩こりは肩を治療しても治りません」
「頭痛と肩こりの原因は歪みです」
「マッサージはその時気持ちいいけど後で余計に悪くなりますよ」

 

などと言われ、それを真に受けてマッサージもずっと我慢していたそうです。

 

改善していないにもかかわらず、何故か首や肩を触るのはダメという考えは頭に染みついていたようで、首や肩に鍼をすると言うとビックリしていました(^^;

 

初めての鍼治療で、しかも予想外の場所に鍼を刺されると聞いて緊張してる様子でしたが、試しに数本刺して鍼の感覚を体験してもらったところ全く問題なく、むしろ気持ちがいいという感想。

 

※動画は治療の導入部分です。許可を得て撮影しています。

 

このあと本格的に治療を開始したところ頭痛が大幅に軽減し

今までの整体は何やったん?」と一言。

 

散々歪みを矯正しても変わらなかった症状が、それまでダメだと思い込んでいた肩周りの治療で一気に変わってしまったことに戸惑っている様子でした。

 

 

 

「歪みが原因」は本当か?

 

骨盤や背骨の歪みがメディアで取り上げられる機会が増えたこともあって

 

歪み=悪

 

という考え方が一般にも浸透し、常識となりつつあります。

 

 

でも、これって本当なのでしょうか?

 

背骨が左右に曲がっている

脚の長さが違う

猫背や反り腰

肩の高さが違う

・・・

 

歪みの状態を見るとき着目するポイントは色々とあるようですが、実は正常な状態からどの程度逸脱すると歪んでいることになるのかという明確な定義はありません。

 

何cmくらいの差が許容範囲なのか

数mmの差でもアウトなのか

 

その線引きが曖昧なのに、どうやって歪んでいると判断しているのでしょう?

 

とにかく穴だらけ、謎だらけの「歪みが原因」説。

 

歪みを矯正すること自体は悪いことではないのですが、歪みが原因だという考え方は問題があるということを認識する必要があります。

 

歪みを何とかしたいと考えている人は、先ず一歩引いた視点でその必要性を再考してみて欲しいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達追加で頭痛対策にもなるセルフケア資料をゲット!

 

友だち追加

 

 

【堺市中区】 頭痛・肩こりが得意な鍼灸院☟

結果にこだわる本格的鍼治療

 

緊張型頭痛

緊張型頭痛とは

頭痛持ちは日本人の約3割に及ぶと言われていますが、その中でも最も多いタイプの頭痛が緊張型頭痛です。

日本人の約20%、つまり5人に1人が緊張型頭痛と言われています。

 

緊張型頭痛の痛みは「頭が締め付けられるよう」「頭が重い」などと表現されることが多く、痛む場所はコメカミや後頭部、頭全体など様々です。

 

 

緊張型頭痛はどのように起こるか

緊張型頭痛は、不良姿勢やストレスなどの影響により、主に頭から肩にかけての筋肉が緊張することで起こると言われています。

 

筋肉が緊張→血行不良→老廃物が蓄積し神経を刺激→頭痛

 

このような流れで頭痛が生じるというわけです。

 

実はこの説は正しいと言えないのですが、緊張型頭痛の対処としてはこの発生機序に基づいて行うことで多くの場合緩和されます。

 

 

緊張型頭痛の対処

先に述べたとおり、基本的な対処法は血行を促進し、筋肉の緊張をやわらげることです。

軽い運動、ストレッチ、マッサージ、入浴などが手軽にできる方法でしょう。

軽い段階でこれらのセルフケアを行えばかなりの効果が見込めます。

 

注意しなければならないのは薬の服用です。

消炎鎮痛剤はその名のとおり炎症を抑えて痛みを鎮める薬であって、筋肉の緊張をやわらげることを目的とした薬ではありません。

副作用を考えても常用するのは避ける方が良いでしょう。

また、市販の複合鎮痛薬は薬物乱用頭痛のリスクが高く、服用には注意が必要です。

 

セルフケアで改善しない場合や薬を飲んでみても改善しない頑固な頭痛には鍼灸治療をオススメします。

鍼灸は筋肉の緊張緩和、血行促進、リラックス効果などが期待でき、緊張型頭痛との相性が抜群の治療です。

 

 

まとめ

首や肩の緊張を強いることが多い現代の生活スタイルにおいて、緊張型頭痛を完全に予防するのは難しいと言わざるを得ません。

となると、現実的かつ理想的な対処法は痛みが軽い段階で適切なセルフケアを実施することになります。

安易に薬に頼るのではなく、積極的なセルフケアで血行促進・筋緊張の緩和を図る習慣を付けましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達追加で頭痛対策にもなるセルフケア資料をゲット!

 

友だち追加

 

 

堺市で頭痛治療に強い鍼灸院はこちら☟

結果にこだわる本格的鍼治療

 

薬物乱用頭痛~薬の飲み過ぎに注意しよう~

薬物乱用頭痛とは

薬物乱用頭痛とは、その名のとおり薬の乱用により起こる頭痛のことを指します。

頭痛のある人が薬(鎮痛薬やトリプタン製剤)を過剰使用した結果、鎮痛薬が効かない慢性的な頭痛へと移行してしまう二次性頭痛です。

男性よりも女性に多く、片頭痛と緊張型頭痛の人、特に片頭痛の人が合併しやすいと言われています。

薬物乱用頭痛は再発率が高い難治性の頭痛とされ、うつ病との関連も指摘されています。

 

 

薬物乱用頭痛のチェックポイント

頭痛薬を頻繁に使用している人は以下の項目に当てはまらないかチェックしてみましょう。

当てはまる人は薬物乱用頭痛の可能性があります。

 

☑頭痛がひと月に15日以上ある

☑頭痛薬をひと月に10日以上飲んでいる

☑薬を飲む量が増えてきている

☑段々薬が効かなくなってきた

☑薬を飲んでいるのに頭痛が悪化している

 

薬物乱用頭痛が疑われる方は自己判断で減薬などせず、専門医に診てもらうようにしてください。

 

 

薬物乱用頭痛の対策

市販の複合鎮痛薬は薬物乱用頭痛の原因となりやすいため、市販薬を購入する際は薬剤師に相談できるお店にしましょう。

薬物乱用頭痛は再発率の高い頭痛なので、不用意な服薬を避けて予防に努めることが最善の対策になります。

頭痛持ちの方、特にリスクの高い片頭痛と緊張型頭痛の方はこの機会にご自身の服薬状況を見直し、日頃から薬に頼らない頭痛対策を心掛けるようにしてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達追加で頭痛対策にもなるセルフケア資料をゲット!

友だち追加

 

堺市で頭痛治療に強い鍼灸院はこちら☟

結果にこだわる本格的鍼治療

頭痛の分類~知っておくべき危険な頭痛のサイン~

頭痛は私たちにとって身近な痛みであり、国民の4人に1人が頭痛に悩んでいると言われています。

意外に思うかもしれませんが、頭痛の分類は非常に細かく、国際頭痛分類では実に十数種類の頭痛に分けられています。

頭痛の怖い所は命にかかわる疾患が隠れている可能性があることで、頭痛の大まかな分類や危険な頭痛のサインを知っておくことはいざというときの対処に役立ちます。

 

 

頭痛の分類

①一次性頭痛

この頭痛は所謂「頭痛持ちの頭痛」で、片頭痛緊張型頭痛群発頭痛の3つに大別されます。

 

②二次性頭痛

他の疾患に起因する頭痛です。

二次性頭痛は頭痛全体の約1割程度と言われており、頭痛全体から見ると少数ですが、くも膜下出血や脳腫瘍など命にかかわる疾患に伴う頭痛の可能性もあるため注意が必要です。

 

 

危険な二次性頭痛

以下のような頭痛は危険な二次性頭痛の可能性があるため、必ず専門の医療機関で診てもらってください。

 

・いつもと違う頭痛

・頭痛で目が覚める

・突然発症した頭痛

・呂律がまわらない

・意識障害がある

・半身麻痺を伴う

 

 

一次性頭痛であれば激痛であっても命にかかわることはありませんが、二次性頭痛の場合は一刻を争うことさえあります。

もし二次性頭痛が疑われる場合はすぐに医療機関を受診するべきだということを覚えておきましょう。

間違っても市販の頭痛薬で様子をみたり、近所の整骨院に行ったりすることのないようにしてください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達追加で頭痛対策にもなるセルフケア資料をゲット!

友だち追加

 

頭痛治療が得意な堺市の鍼灸院はこちら☟

結果にこだわる本格的鍼治療

 

鍼治療と筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)とは?

 

 

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)とは、筋膜の異常によって痛みやシビレが引き起こされる病気のことで、簡単に言ってしまえば筋肉由来の痛みです。

 

腰痛、頭痛、肩凝り、変形性の関節症、坐骨神経痛(ヘルニアや脊柱管狭窄症)、四十肩・五十肩など整形外科領域の痛みのうち、かなりの割合が筋肉に起因している可能性があり、画像所見に基づいた治療が成果に結びつかない一因となっています。

また、筋肉の異常がシビレやめまい、関節の動きの制限、脱力感といった痛み以外の症状を引き起こすケースもしばしばあります。

 

このように様々な症状に関連する筋の異常は、レントゲンやMRIなどの検査では検出されないため見逃されてしまう可能性が高く、逆にヘルニアなど健常者でも見つかるような画像上の所見が痛みの原因だと誤診されてしまうことがよくあります。

 

原因を探るための画像検査がかえって仇となり治療を難渋させてしまうという、何とも皮肉な話があなたの周りでもごく当たり前のように起こっているのです。

 

 

異常を起こしやすい筋肉

 

ご存知のとおり、筋肉は身体の運動に関わる器官です。

 

例えば歩く、走る、階段の昇り降りなど明らかな身体の動きは勿論のこと、立っている時や座っている時の姿勢の保持にも筋肉の働きは不可欠で、沢山の筋肉が協調して働くことで目的とする運動が遂行されています。

 

沢山ある筋肉の中で特に悪くなりやすいのが姿勢保持に関わる筋肉です。

姿勢を保つということは、言い換えれば関節を動かさないように固定することを意味します。固定に作用する筋肉は休むことなく頑張り続ける必要があるため、持久性に富んではいるものの痛んだり凝ったりしやすくなるわけです。

 

 

筋・筋膜性疼痛症候群における鍼治療の有用性

 

ここで腰痛を例に、よく行われるマッサージやストレッチと鍼治療を比較してみましょう。

 

一般的なマッサージや指圧の場合、皮膚の直ぐ下にある筋肉が問題であれば十分に効果的な刺激となるのですが、実際には浅い部分にある筋肉だけが悪くなっていることはあまりありません。

関節を固定し姿勢を保持する筋肉が痛んだり凝ったりしやすくなることは先に述べましたが、これらの筋肉の多くは身体の深いところに存在しています。

皮下すぐにある筋肉とは違い、深部の筋肉を手で刺激するのは技術的に難しく物理的にも限界があります。つまり一般的なマッサージや指圧では悪くなった筋肉を処理しきれず十分な効果が得られないことが多いのです。

 

では、ストレッチはどうでしょうか?

ストレッチの場合、ある筋肉の緊張が目的とする筋肉のストレッチを妨げることがあります。つまり伸ばしたい筋肉が十分にストレッチされる前に他の筋肉がストレッチに耐えられなくなり、結果として目的とする筋肉がストレッチされないということが起こり得ます。

仮に邪魔をする筋肉がなくても、ストレッチで特定の部分(悪くなっている箇所)を選択的に伸ばすのは困難です。

ストレッチはピンポイントで悪い所を狙うというよりも筋肉全体を伸ばしてリラックスさせるのに向いていると言えるでしょう。

 

マッサージやストレッチの他に、湿布や磁石付きのシールなどの対処法もありますが、いずれも表面的な部分にしか影響しないと思われます。

 

異常を来しやすい深部筋へのアプローチという点において、鍼の場合は技術的・物理的な制約はありません。通常のマッサージや指圧では突破できないような硬い構造も貫くことができ、深い所も容易に刺激することができます。

身体の構造を熟知したうえで用いるなら、鍼治療は安全且つ強力な手段であると言えるでしょう。

鍼治療と筋・筋膜性疼痛症候群はとても相性が良いのです。

 

 

まとめ

 

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)の治療においてターゲットとなることの多い深部筋にアプローチできることは鍼の大きな強みであると考えます。

また、実際には腱や靭帯なども治療対象として出番は多く、マッサージに反応しにくいこれらの組織も鍼刺激には反応するといったことが観察されることから、腱や靭帯由来の痛みに対応できるのも鍼の強みと言えるでしょう。

 

痛そうというイメージや、何に効果があるのか分からないなどの理由から鍼治療を敬遠する方も多いですが、鍼の強みや適応を知っておけばいざという時の選択肢が増えるのではないでしょうか。

 

あなたがもし痛みで困ったときには治療の選択肢として鍼も検討してみてくださいね(^^)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達登録でプレゼント🎁ゲット!

友だち追加

 

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)にはトリガーポイント鍼療法☟

結果にこだわる本格的鍼治療

骨盤セルフケア教室2

前回に引き続き骨盤セルフケア教室を開催してきました。

 

今回は子育てサークルのママさんたちが対象。20名前後の方にご参加いただき、お子さんが賑やかに遊ぶ中でマイクを持って講義をするという初めての試みでした(^^;

 

元気の有り余る子供と一日一緒にいるだけでも大変なのに、他にもやることが一杯で自分のことは後回し。

そりゃ大変ですよね。ホントお母さん方には頭が下がる思いです。

 

そんな忙しいママさんこそセルフケアをしっかり実践して欲しいと思います。

1日5分からでいいので、とにかくセルフケアを習慣づけることから始めましょう!

 

 

 

 

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達登録でプレゼント🎁ゲット!

友だち追加

 

 

お子様連れOKの慢性痛・自律神経症状の治療院☟

結果にこだわる本格的鍼治療

骨盤セルフケア教室

昨日は「骨盤セルフケア教室」を開催してきました。

 

皆さんテレビや雑誌で沢山の情報が得ている反面「実際に自分に合ったケアは何なのか分からない」というのが共通した悩みのようでした。

 

そもそもゆがみって何なの?というところから座学で学んでいただきましが、結局のところ「ゆがみはそれほど気にしなくていい」ということが伝わっていれば取り敢えずはOKかと(^^;)

 

あとは学んだだけで終わらせずにセルフケアを実践・継続してもらえることを祈ります(^^)

 

 

 

ご質問・ご相談はLINE@でお気軽にどうぞ(^^)

☟友達登録でプレゼント🎁ゲット!

友だち追加

 

 

骨盤周りの悩みを解決するならこちら☟

結果にこだわる本格的鍼治療